デイサービスの流れ

デイサービスは何となく日帰りで利用できる介護施設というイメージがあると思いますが、実際に利用するには時にはどう選べばいいのか、また施設ではどんなサービスが行なわれているのかをご紹介致します。

デイサービスを利用する際にまず大切なのが、その施設の規模です。
デイサービスには定員があり、決められた店員数に応じて小規模・通常規模・大規模の3種類があります。
小規模のデイサービスは小ぢんまりとした家庭的な雰囲気が特徴で、利用者数も少なく、行き届いたサービスを提供してもらえます。
しかし民家を改造して造られたような施設が多いこともあり、車椅子のまま入浴できる機械浴などが対応できないこともあるので注意してください。
また看護師の配置義務も無いことから、施設によっては看護師がいない事もありますので良く確認しましょう。

一方で大規模なデイサービスはメニューが多いのが最大のメリットです。
例えばリハビリメニューやレクリエーションメニューもそれぞれの好きなものを豊富な種類の中から選んでもらえますから、楽しんで利用してもらいやすいと思います。
また利用者数も多いので、お喋りが好きな方ですと色んな方と会話を楽しんだりして過ごしてもらえるのも魅力でしょう。
逆に利用者が多いことでザワザワした雰囲気になりがちですから、そうした雰囲気が苦手な方には合わないかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事