作業療法士が教えるレクリエーションのポイントとは?

介護施設でのレクリエーションは、利用者みんなが楽しめるゲームを用意する必要がありますが、今回は認知症の方にもお楽しみいただけるレクリエーションについてご紹介いたします。

レクリエーションは自分自身も楽しみながら実践する事が大切であり、ミラーニューロンが関係しているという事ですから、ネガティブな言葉はあまり使用しないでレクリエーションすると良いでしょう。

認知症の方も一緒に楽しむためには、その利用者ができる部分を活かせるようなシンプルなレクリエーションを用意すると良いでしょう。

集団でできるレクリエーションをやるなら、一人だけ詰まらなそうにしている人を作らない事が大切であり、補助のスタッフを入れるなど利用者の配置を考えて実践するようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事