面談でヘルスアセスメントしよう

高齢者と適切に関わるためにはヘルスアセスメントが重要だと言われていますので、ぜひ理解した上で日常生活の支援を行いましょう。

高齢者の変化を見逃さないためにも、普段の生活の中で観察することが大切ですから、適切な観察力を身につけるようにしましょう。

例えば、高齢者が居室に戻る際に表情が強張っていたり、声のトーンも違っていたというのは、自分の居室だということの確信が持てていないためですから、相槌を打ったり安心感を与えることが大切なのです。

高齢者によっては体の痛みなどを隠して痛くないと言っていながら、行動と言葉が一致していない時には、表情をよく観察して高齢者の考えを読み取り、高齢者の本音を引き出せるようになりましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事