犬猫体操で笑いが起きる?

レクリエーションは、高齢者自身が楽しんで参加することが大切ですから、皆さんで楽しめるような脳トレレクリエーションをご紹介いたします。

犬猫体操というレクリエーションは、スタッフが犬と言ったら利用者さんが犬の鳴き声を言って、スタッフが猫と言ったら利用者さんが鳴き声を言うという脳トレ体操であり、認知症の予防にも繋がりますよ。

最初のうちは普通に犬や猫と言ってスムーズにレクリエーションを行いますが、利用者さんが慣れてきたら少しずつ難しくしていきましょう。

次は逆にスタッフが鳴き声を言って、利用者さんがその動物を言ってもらったり、動物も鳴き声もぐちゃぐちゃにしてみましょう。

ちょっとした間違いも面白くなりますし、皆さんで参加すると盛り上がりますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事