文字色カードで脳トレ!

紙とペンを用意して、誰でも簡単に作ることができる文字色カードゲームという高齢者向けの脳トレゲームを作ってみてはいかがでしょう。

漢字で書かれた色の名前と文字の色が異なる紙を何枚か用意したら、紙をテーブルに並べて文字の色と文字を読み上げていきましょう。

スタッフが読み上げたカードを探して、カルタのように札を取っていくゲームですから、利用者数人で参加して、一番多くカードを手に入れた方の勝ちになります。

大人数で楽しみたい場合には、ホワイトボードや黒板に同じように文字を書いて、利用者さんに参加してもらうと、少ない人数のスタッフでも対応できるでしょう。

簡単そうに見えますが、結構頭が混乱するので、脳トレとしてもオススメなのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事