地域密着型サービスって何?

地域密着型サービスとは、要介護認定を受けた高齢者や認知症の高齢者が、できる限り住み慣れた地域で生活できるよう改正されたサービス体系であり、2006年から開始されました。

名前の通り地域に密着したサービスをご提供しており、要介護認定を受けた人への介護サービスは6種類あり、要支援の認定を受けた人には3種類の予防給付サービスがご利用いただけるのです。

夜間対応型の訪問介護は、定期的にご自宅を訪問したり、オペレーションセンターサービスでは緊急時の対応もできますが、重度の方が対象になっていますので要支援者にはご利用いただけません。

小規模多機能型居宅介護は、定員25名の少人数で通所や宿泊や訪問のサービスをご利用いただけますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事