ホワイトボードでできる間違い探しゲーム

レクリエーションで、楽しみながら認知症を予防することができますから、ぜひ簡単にできる間違い探しのゲームを実践してみましょう。

ホワイトボードとペンを用意したら、ボードの真ん中に線を引いておき、1列ごとに絵柄を描いたり数字を書いて、1列ごとに左右の違いを入れてみましょう。

絵だけ描くのは少し違いを入れるだけですから準備も簡単ですし、数字だけ書いても難易度が上がるので利用者さん皆さんで楽しむことができそうですね。

黒いペンだけでなく色つきのペンも活用すると、よりカラフルで見やすい間違い探しを作ることができますよ。

本屋などで売られている間違い探しの本を参考にするのもオススメですから、ぜひ簡単に作れるレクリエーションを楽しんでみてはいかがでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事