みたらし団子でレクリエーション

料理はそれぞれの動作で計画的に行う必要があるため、老化防止に良いと言われていますから、高齢者向けの施設のレクリエーションでも料理を取り入れてみてはいかがでしょう。

今回は、高齢者で好きな人が多いみたらし団子の作り方についてご紹介いたしますので、ぜひ実際におやつを作ってみましょう。

ボウルに片栗粉10gを用意したら、そこに絹豆腐を120gと白玉粉90gを入れて、水を入れずにしっかり混ぜて団子を作り、お鍋でお湯を沸騰させておき、作った白玉団子を入れて、団子が浮き上がってきたら取り出して冷水に入れましょう。

白玉団子は串などに挿したら、みたらしのタレを作るためにフライパンなどに片栗粉を小さじ1杯入れて、さらに大さじ2杯の醤油と砂糖、100ccの水を加えて、焦がさないように加熱させたら完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事