「逆デイサービス」とは?

デイサービスの新たな形として注目を浴びているのが、「逆デイサービス」です。
通常のデイサービスは朝に自宅までスタッフに迎えにきてもらい、そのまま夕方ぐらいまで施設で過ごすのが一般的ですが、この逆デイサービスでは、施設の入居者が外出をして住み慣れた地域で日中を過ごすサービスとなります。
通常のデイサービスは介護保険の適用が出来ますが、こちらは適用できない点に注意です。

日中出かけることで皆で買い物を楽しんだりできるため、普通と変わらない日常生活を送れるサービスと言えるでしょう。
施設入居者はどうしても外出する機会が減ってしまいますが、このサービスを利用することで外の環境にも日常的に触れられ、入居者の方もより豊かな生活を送る事が出来るのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事


ランキング


おすすめ記事